〈終業式〉
角川書店
●旅立ちの季節に
(評者=落合早苗)

つい先日まで、袴姿に卒業証書を手にしていた女性をよく目にした。そんな彼女たちも、今日は慣れないスーツ姿とやや緊張した面持ちで入社式を迎えているのだろう。
4月は社会人にとっては異動の、そして学生にとっては進学や就職のシーズン。
別れと出会いが同時に訪れる季節である。

『終業式』(姫野カオルコ著/角川書店)は、20年にわたる友情を描いた作品。4人の登場人物を軸に、書簡の往来のみで展開されるストーリーである。
初出は1996年4月、光文社から発行された単行本『ラブレター』。
1999年3月新潮社より『終業式』と改題のうえ文庫化、その後2004年2月に角川文庫で再版されて、2007年10月に電子書籍として配信が開始された。

体育祭後、喫煙で学校から謹慎処分を受けた同級生の噂話から、物語ははじまる。授業の合間をぬって、1日のうちに何度も友達同士のあいだを行き来するメモは、やがて進学して別の道をたどりはじめたあと、手紙や葉書、あるいはFAXへと形を変えてゆく。
時に新生活の報告がなされ、時に恋心を打ち明けられ、もっとあとになってからでは結婚生活の苦悩が綴られていく。
かつて感情を剥き出しに書きなぐっていた少年少女たちの手紙は、年を経ていくにつれ、投函されずに破棄されるものが増えていく。
そして書きかけの手紙と書き直した手紙との対比が、差出人の逡巡のあとを見せ、彼らの友情や愛情をより深く、よりやさしいものにしてくれている。
書簡形式のため、また「ケータイ」という現代のポピュラーな通信媒体を用いていることも手伝ってか、読み進めるほどに登場人物たちを自分の隣人のように身近に感じるようになる。
彼らとともに自分自身の軌跡を振り返ると、長い歳月を経ても色あせることのない友情がいつのまにか育まれていたことに、それ自体が小さな奇跡なのかもしれない、とかけがえのないものに思えてくる。
旅立ちの季節におすすめの一冊。

(2008年04月01日)
書評目次へ
トップへ戻る